肉体的なケアを心掛ける

看護師の仕事をしていると、ストレスを感じる人は多いでしょう。その中でも肉体的なストレスは非常に大きく、看護師として仕事を続けていくことに悩む人が増えています。
看護は患者を精神的に支えるだけでなく、肉体的に支える必要があります。身体が不自由な患者が歩行する時に自分の身体で支えたり、患者を持ち上げベットから移動させたりしなければならず、自分の体重よりも重い患者を支えることも多いです。

肉体的な疲労が蓄積することで、肩や腰に痛みを感じる看護師もいます。痛みがあっても仕事をしなければならず、痛みが悪化し寝ることができないこともあるでしょう。
また、腰の痛みが強く立つことができなくなり、肉体的な疲労が重なることで仕事を休まなければならないこともあるでしょう。そうすると病院に通院しなければならないため、半休を取らなけれればならず、残業できなくなることも十分に考えられます。
肉体的なストレスを感じると、体力的にも限界を感じて仕事を続けていくことが困難になります。同僚にも仕事の負担をかけてしまうことにもつながります。
このように、肉体的なストレスを抱えることで仕事に悪影響を及ぼすことは非常に多いです。

肉体的なストレスを軽減させるために、定期的にマッサージを施術してもらうのも良い方法です。スポーツで身体を動かし、身体をほぐすのも良いでしょう。
看護師の仕事を続けていくためには、肉体的なケアを日頃から心掛けておくことが大切です。