定期的に心を休める時間を設ける

これから必死に現場経験を積み、自分なりに勉強して看護師としてしっかりとしたキャリア構築をしていきたいと考え、大学病院などの教育研修が充実している病院で働くケースが増えています。
確かに看護師にとってキャリアアップを目指すのは重要な考え方で、志の高い看護師がいるお陰で高度医療が行えるようになっている状況があります。ただ、キャリアアップ志向の強い看護師は若いうちは頑張れても、だんだんと辛くなってしまうことがあるので注意しょう。
その大きな原因がストレスです。ストレスを溜め込み過ぎると、突然やる気が失われてしまうことがあります。

体力が気力が充実している若いうちは多少のストレスがあっても頑張れることが多いですが、だんだんと年齢を重ねていくと疲れの方が大きくなってしまいやすくなります。仕事や勉強ばかりに時間を費やす日々を送っていると、体力や気力が不足してきた時に一気にやる気を失うリスクが高くなります。

一気にやる気を失わないためには、定期的に心を休める時間を設けておくことだ重要です。週に一日は、仕事も勉強もしない日を用意するなどの工夫をしておいた方が安心でしょう。
どんな形で休む時間を設ければ良いかは人によって異なるので、自分なりに考えてみましょう。
中には頑張れる時期であるにも関わらず一切勉強もしない日があるのは、かえってストレスだと感じる人もいます。その場合、休日には勉強も行い、睡眠をいつもより十分にとるといった試みをすると良いでしょう。
やり方は自由なので、いつも看護師として元気に働けるようにするための工夫を考えてみることが大事です。